マッキンゼーコンサルの年収 - コンサルタントの年収について

コンサルタントの年収について > マッキンゼーコンサルの年収

マッキンゼーコンサルの年収

現在ではグローバル企業がいろいろな国に進出していますが、マッキンゼーもその1つでしょう。
マッキンゼーで勤務する場合でも、やはり気になるのは年収です。
マッキンゼーに限らず、コンサルタントとして働く場合には、役職が存在しているのが普通です。
日本の会社でも、課長や部長などが存在しているのと同じだと思えばよいでしょう。
マッキンゼーでも同様で、役職によって給料が大きく変わってくるため、当然年収にも差が出てきます。
では、マッキンゼーでコンサルタントとして働く場合には、どれぐらいの年収がもらえるのかを見ていきましょう。

役職や勤務年数、成績によっても給料は大きく異なるので、全体の平均を記載するのは難しくなっているため、主な役職で見ていきます。
最高位であるパートナーの場合には、5000万円ぐらいが平均的な年収になるのですが、パートナーは他の役職に比べて、給料に差が出やすくなっています。
そのため、8000万円ぐらいの年収になる人もいれば、3000万円ぐらいの年収になる人もいるのです。
最も下の役職であるビジネスアナリストの場合には、大体700万円ぐらいの年収が平均的なので、役職によって大きな差が出てしまうことがわかるでしょう。

年齢によっても比較的差が出てしまう場合があります。
これはどこの会社でも同じことが言えるのですが、マッキンゼーであっても年齢によって差が出ており、20代と50代では2倍前後の開きがあります。
特に外資系企業は実力至上主義なので、同じ役職や年齢でも給料に開きがある場合が多いのです。
もちろん仕事もかなりきついですし、努力をしても結果を出さなければ高い給料はもらえません。