コンサルパートナーの年収 - コンサルタントの年収について

コンサルタントの年収について > コンサルパートナーの年収

コンサルパートナーの年収

会社で働くコンサルタントの場合には、役職が存在しているのが一般的です。
役職名は多少の違いはあっても、どこの会社でも基本的には同じだと思ってよいでしょう。
そんなコンサルタントの役職で、最も高いのがパートナーやディレクターと呼ばれている役職です。
では、コンサルパートナーになると、どれぐらいの年収をもらうことができるのでしょうか。

もちろん会社によっても大きく変わってくるのですが、大手企業であれば2000万円以上は行くと思ってよいでしょう。
給料がよい会社であれば、3000万円以上や4000万円前後という事例もあります。
コンサルパートナーというのは、取締役クラスの役職なので、コンサルタントとして長年勤務していても、そう簡単になれる役職ではありません。
もちろん高い給料が出るということは、その分仕事も大変だということを覚えておきましょう。

近年は大手企業であっても、昔のように年功序列でどんどん出世できるわけではありません。
長年勤務していることも重要ですが、しっかりとコンサルタントとして結果を残せることや、後輩や部下をしっかりと指導できる能力があることも重要です。
特にコンサルタントは能力によって出世に影響しやすい役職なので、若くてもコンサルパートナーになるには40代以上にならないと難しいでしょう。
40代でコンサルパートナーになり、しっかりと結果を残していけば、定年退職をする頃には年収4000万円前後になっていても不思議ではありません。

ただし、このように高い年収を得るには、会社選びも重要になります。
会社によってはしっかり結果を残しても、高い年収にならない場合もあるからです。