外資系コンサルの年収 - コンサルタントの年収について

コンサルタントの年収について > 外資系コンサルの年収

外資系コンサルの年収

いろいろな種類のコンサルタントが存在していますが、その中でも会社に所属しているコンサルタントの中で、年収が高い方に分類されるのが外資系コンサルタントです。
外資系というのは、簡単に言えば多国籍企業、グローバル企業のことで、会社の規模も多きく、日本で言えば有識者会議のメンバーに加わっている人もいるぐらい権力も持っています。
外資系企業はいろいろな国で商売を行うので、トラブルの発生確率も高いと言えるでしょう。
だからこそ優秀なコンサルタントを雇って、高い給料を支払っているのです。

では、外資系コンサルタントとして勤務した場合、どれぐらいの年収になるのでしょうか。
外資系コンサルタントの場合、20代であっても年収1000万円を超える人がいるのです。
これが40代になってくると、年収2000万以上もらっている人もいるので、コンサルタントの中でもかなり優遇されていると言えるでしょう。

もちろん外資系企業であっても、どの会社に就職するのかによって年収も異なりますし、役職や勤続年数によって年収が異なるのは、どのようなコンサルタントでも一緒です。
中には基本給プラス出来高制になっていることもあるので、努力次第で年収が変わることもあります。
年収がとても高く、魅力的に感じる外資系コンサルタントですが、当然給料が高いということは、それだけ仕事も大変だということを意味しているのです。

特に外資系企業の場合、売り上げの多くが株主配当金として支払われることが多く、社員をあまり優遇しない企業も存在しています。
また、社員を必要以上にこき使うような企業もあるので、会社の選択は外資系コンサルタントになる場合でも重要なことなのです。