アクセンチュアで働くコンサルタントの年収 - コンサルタントの年収について

コンサルタントの年収について > アクセンチュアで働くコンサルタントの年収

アクセンチュアで働くコンサルタントの年収

アクセンチュアというのは、企業の名前です。
聞いたことがないという人も多いでしょうが、実際に勤務している人や、社名を知っているという人もいるでしょう。
アクセンチュアという企業でも、コンサルタントの業務を行っている人がいます。
アクセンチュアで働いているコンサルタントは、どれぐらいの年収をもらっているのでしょうか。

年齢や役職、勤務年数などによっても異なりますが、大体700万円前後が平均的な年収だと言えるでしょう。
中小企業では、滅多に年収700万円に到達することはないので、大手企業とは言ってもかなり優遇されていることがわかります。
アクセンチュアの場合には、コンサルタントにもいろいろな役職が設けられています。
これは他の企業でも同じでしょうが、コンサルタントの場合には、アナリスト、コンサルタント、マネジャー、シニアマネジャー、マネジングディレクターになっているのです。

アナリストでは500万円ぐらいの年収になるのですが、マネジングディレクターになると、1億円に到達することもあると言われています。
もちろん政治家のように、楽をして高い年収をもらえるわけではありませんので、それなりに大変な面もありますし、しっかりと結果を残していかないと、出世をすることもないでしょう。

ボーナスや昇給もあるので、勤続年数が増えてくれば、年収もどんどん上がってきます。
あくまで700万円がコンサルタントの平均的な年収なので、努力と結果次第では、1000万円以上の給料をもらえる可能性もあります。
ちなみにアクセンチュア全体の平均年収は、1000万円前後になっています。
大体30代前半で、700万円ぐらいの年収になることが多いでしょう。