コンサルタントの年収 - コンサルタントの年収について

コンサルタントの年収

コンサルタントの仕事をしたいと考えている人でも、やはり給料はかなり気になるでしょう。
そこで年収を確認してみると、コンサルタントの種類によってかなり差があることがわかります。
大体500万円から1000万円ぐらいの年収になることが多く、仕事内容によってはもっと増えることも珍しくはありません。

ちなみにコンサルタントの中でも、比較的給料が高くなっているのは、弁護士や外資系コンサルタントでしょう。
外資系企業はトラブルも多く、業務を拡大するために国境も国籍も関係ないという考えなので、万が一に備えて優秀なコンサルタントを雇いたいから給料を高くしているのでしょう。
弁護士は近年日本も訴訟社会になりつつありますし、テレビに出る人も多いので、やはりかなり給料は高くなります。

なぜコンサルタントの給料を、月給ではなく年収で明記したのかというと、年俸制をとっている会社が多いからです。
コンサルタントの多くは、公務員のように出勤しているだけで給料がもらえるわけではなく、引き受けた案件によって給料も異なります。
単価の低い案件をたくさん受けても、それほど給料が高くなることはありません。
逆に単価の高い仕事を受ければ、案件は少なくても給料は高くなるのです。
弁護士や税理士といったコンサルタントは、独立して働くことも多いですし、独立すれば完全出来高制になっているので、仕事内容によっても給料に差が出てしまうのです。

会社に就職して働いているコンサルタントであっても、やはり一般のサラリーマンやOLに比べて、かなり給料は高いと言えるでしょう。
初任給でも年収が500万円前後という事例もあるぐらいです。
もちろん昇給もするので、長年勤務すれば1000万円以上行くこともざらにあります。